わたしと赤ちゃんの壮絶な10日間【はじめての入院生活】- 出産日記 – #3

出産レポ
スポンサーリンク

 

32週5日

気がついたら朝6時。

朝ごはんは7時らしい。体に良さそうな朝ごはんが出てきた。

健康観察がベッド上であった。
そのあとに昨日は入れなかったから朝シャワー。

そのあとは比較的自由。もらった資料を読んだり、自分と同じような状況の人のブログとかを検索したりして過ごした。
まだまだメンタル不安定。ちょっとしたことで泣いたりした。

 

 

余談ですが、
入院前から読んでいた【嫌われる勇気】を読み進めている中で、
自己需要、他者信頼、他者貢献 という3つのワードになんだかしっくりきた。

ありのままの自分を受け入れること、他者を無条件でどんな時でも信じ抜くこと、他者のために見返りなど求めずに与えること。この3つが重要。

自己需要は赤ちゃんに対して思ったこと。
どんな状況で産まれてどう育つのか。生まれたては”普通”とは少し離れてしまうかもしれないけどそんなことを受け入れながらも前向きに進んでいってほしい。もちろん私たちもそれを需要する必要があると思う。これから先のことを物語っているようで心に残った。

他者信頼、他者貢献は夫婦のこと。たきびとの間にある関係そのものだと思った。

 

 

その後、採血とステロイド注。

 

 

助産師さんが、病院で取り扱っている搾乳機を実際に持ってきて説明してくれた。

手動式、電動式、メリット、デメリットなどなど。私は今後母乳を取って赤ちゃんに渡すことが見込まれるから電動式の方がいいのではと。1日8回くらい3時間おきに行うことだから手動はきついよと。少し値段は張るけど、電動にしよう。

赤ちゃんと退院する時のリズムで搾乳をすることで母乳を作る体づくりもできるらしいから、赤ちゃんの退院までは私の母体作りをしよう!

 

 

夜ご飯食べて、ゆっくりして、たきびと電話。

名前会議したけどなかなか進まず、、
今思えば、なんだかんだで最初から候補に出ていた名前になった。

 

 

23:00 就寝。

寝つきはよかったけど、3時にトイレ行ったら寝られなくなった。。4時間睡眠。

 

タイトルとURLをコピーしました