【賃貸DIY】 劇的変化!!床を変えるだけでオシャレ部屋に

買って良かった
スポンサーリンク

おしゃれな部屋にしたいけど何か違う・・
部屋の統一感を出したい!
そんな時は床の色を変えるべし!!

今回は賃貸でできる床のDIYをやってみました!!

床の面積は部屋の大部分を占めるので
色を変えるだけでガラッと雰囲気が変わる
また、賃貸の床は基本安い物を使用しているので
どうしてもダサい床が多い。
自分でアレンジしてオシャレな部屋を目指したい!!という方にオススメです。

準備するもの

  • クッションフロア
  • クッションフロア貼りセット
  • カーペットテープ

 

クッションフロア


東リ クッションフロア[CF 9653]『セルべジャンテ』 を使用。

楽天市場で購入できます!!
柄も多数あり、自分の部屋の好みに合わせて選ぶことが可能

 


サンプルを5枚まで発注できます。
最初に良いなと思っていた柄とは違う柄を選びました。
実際に手に取って部屋の感じと比べるとまた違った印象になるので
まずは気になる柄を5つ選び、サンプルを発注するのがオススメ!!

開けるとこんな感じ。

1ロール:182cm幅固定で長さは10cm単位で好みの長さを選べる

キッチン・リビング合わせて13.4m必要だったので
4.6m・4.6m・4.2mの3ロールに分けて注文。

ちなみにカットは1ロールごとに1,000円追加料金がかかるので、カット料2,000円。
大きさがあり、自分でカットするのも手間になるからカットしてもらって良かったかな。

厚みも1.8mmあり、薄すぎる感触もなし

 

 

クッションフロア貼りセット

カットにも困らないし、ローラーでしっかり圧着することもでき
これさえあればクッションフロアを貼るのに困らないアイテム!!
むしろこれが無ければ貼るのが相当困難。

色んなところで同じようなセットで売っているので
内容が同じであればどこで買ってもOK!!

 

カーペットテープ


普通の両面テープだと床が剥がれ傷がついてしまう可能性があるので
裏表で粘着の強さが違うテープがオススメ!!

弱粘着を下にして床に貼り、強粘着の方を上向きにしてクッションフロアに貼ることで
剥がす時に床が剥がれたりせず、クッションフロアもしっかりズレる事なく貼ることができる。

1つで6〜8畳分。

リビングとキッチン用に3個購入。

 

手順

カーペットテープを貼っていく

部屋の端全部に一周グルっとカーペットテープを貼っていく

端だけだとクッションフロアを敷いた時に
テープがないところが少し浮いてきてしまうので
さらに格子状にテープを貼っていく。(画像は60cm間隔)

カーペットテープで床の傷みが心配な場合は
下にマスキングテープや葉状テープを貼って対策しよう!!

クッションフロアを合わせてカット

クッションフロアを部屋の形に合わせてカット。


壁際はCFカッターを使ってカットしていくとキレイに真っ直ぐカットできる。
コツは壁にしっかり押し込みながら横にスライドしていくこと

ただし、壁がない場所や部屋の角はこのカッターでカットできないので
地ベラとカッターを駆使してカットしていく。

 

クッションフロアを貼っていく

両面テープの紙を剥がしてクッションフロアを固定

貼れたらローラーを使ってしっかり圧着させる

半分完成。

反対側も同じようにカットしていく。

 

2枚が被るところは2枚重ねてまとめて一緒に切るとキレイに重ねられるように切る事ができる

最初1枚ずつ切っちゃって合わせるのにすごく苦労した。。

キッチンも同様にテープを貼ってクッションフロアをカットして貼っていく

床下収納がめちゃくちゃ難しくて、少し雑になってしまった。。

 

完成

 

最後に

作業はかなり大変ではあったけど
床の色を変えるだけで部屋の印象がガラッと変わり統一感が出ました!!

賃貸だけど
オシャレな部屋にしたい!!部屋の統一感を出したい!!
という方には絶対にオススメのDIYです。

タイトルとURLをコピーしました