【後悔しない初キャンプにしよう!】アレがなくて困った!!キャンプギア紹介

キャンプ
スポンサーリンク

メインのキャンプ道具を一通り準備して
「さぁ、完璧だ!!」と意気込んで初キャンプに行ってみると
「意外とこれ必要だな〜、ないと不便だな」と思うものがチラホラ出てきます。

今回は、その中でも見落としがちなアイテム
「テント内用ランタン」についてご紹介!

ランタンが必要なのは外だけでは無いんです。。

この記事を読むことでこんなことがわかります👀

・テント内ランタンの必要性
・おすすめのテント内ランタン

 

今までいろんなキャンプ用品を紹介してきましたが
間違いなくおすすめ上位に入るキャンプ用品です💡

テント内ランタンの必要性

初めてキャンプに行って気付くことが
「ん?テント内、暗っ。。」です。
キャンプ場は真っ暗なのでテント内も当然暗い🦇

テント内では着替えたり、荷物を整理したり、寝る準備をするのに
灯りがどうしても必要になるケースが多い。
そんな時に真っ暗では何も見えないし結構ストレスなんです‼️
特にファミリーキャンプの場合は絶対に暗闇では無理🙅‍♂️

外で使うランタンはガスや火を使っている物が多いのでテント内に持って行くのは気が引ける、、というかやめた方がいい。
スマホの明かりを頼りにしても良いけど、角度が決まらず眩しすぎたり、テント内全体を灯せなかったり、手が塞がるなどかなり不便😞

そこで必要になってくるのが「テント内ランタン」🏕

テント全体を明るく灯してくれ、両手も塞がらない
なんのストレスもなくテント内で過ごすことができます✨

おすすめのランタン

今回おすすめするのがこちらのLEDランタン

見た目はそんなカッコいいとは言えませんが
機能の充実度が段違いに良いんです‼️


(引用:amazon)

この中でもおすすめの機能をいくつか紹介したいと思います!

①調光・調色機能付き

電球色、昼光色、昼白色の3色切り替え可能で
無段階調光で明るさを変えられます。


(引用:amazon)

荷物を整理するならそれなりの明るさの白色系、寝る前なら暖色系や
寝ている人を起こさないように調光を下げたりなど
シチュエーションによって変えられる機能は重宝します💡

実際に使ってみるとわかるのですが
無段階調光の幅が広く、明るくすればテント内の隅々まで明るくでき
暗くすると薄暗いほどまで光を下げられるので
かなり使い勝手は良い方です!

②リモコン付き


このランタンを選んだ大きなポイントのひとつです!

リモコンがあることで寝袋に入った状態で消灯することが可能に。
今までは暗闇の状態で寝袋に手探りで入り、うまく入れなくてイライラなんてことも・・。

リモコンで電気のON / OFFはもちろん
モードの切り替え(調色)や明るさ(調光)の変更ができる。
さらに、電波式なので感度が良くライト方向に向けなくても操作可能な上に障害物があってもOK!

ちゃっかり方位磁石もついているので
災害時や遭難時にも使える!

③モバイルバッテリー機能

本体に5200mAhの充電式リチウムバッテリー内臓され、ランタンだけでなく、モバイルバッテリーとしても利用可能です。
キャンプなどのアウトドアはもちろん災害時や停電時にも携帯の電源が切れる心配がない。

※本体も充電が必要なので出かける前に忘れないように充電しましょう‼️

④吊り下げフック付き & マグネット内蔵

床に置いたり、手に持つタイプはテント内全体を灯せなかったりして使い勝手が悪い😨
天井に吊り下げて使えるランタンが絶対に良いです。

吊り下げられるランタンは外でも使い勝手が良く
木やランタンスタンドなど気になるところに引っかけることができます。


折りたたみ式のフックは片手で簡単に引っかけることができる。

さらにマグネット内蔵なので車体にくっつけて使用できる便利さ!

(引用:amazon)

⑤メモリー機能付き

消灯前の明るさと光色を記憶し、同じ明るさと光色で再点灯できます。
毎回わざわざ調整必要がなく、とても便利です!

 

さいごに

外で使うランタンは準備している人が多いと思いますが
テント内でも使えるLEDランタンのような物があると
後悔しない“初キャンプ”になると思います🌿

おすすめしたLEDランタンはテント内だけでなく
光量も十分なので外で使うこともできます‼️

実際に私たちは「雨キャンプ」の際に
普段のランタンが使えない場面になってしまい
このLEDランタンをランタンスタンドにかけて使用しました。
料理の時に手元を照らすランタンとして活躍しました💡

 

最近はキャンプ行けてないな〜
来年の秋頃には行けるかな〜🏕

タイトルとURLをコピーしました